ひそかに「臭い玉」で悩んでいる方は、ネット上で調べてみても意外に沢山いるようです。

a619a8fe40d8afc7c2def7b28cc5d6f6_s

悩んでいる皆さんは、手を変え品を変え、「臭い玉」除去に奮闘しているようですが、失敗を繰り返している方が大多数のようです。

「臭い玉」が、そう名付けられた所以は、「臭い」「玉」が 咽頭にこびり付き、時には不意に飛び出しては悪臭を放つことからです。

なかなか自力で取り除くことは難しく、巷で言われているやり方(ピンセットや綿棒で取り除く等)では危険なものもあります。

しかし、口臭の元になる「臭い玉」を温存したままでは、気楽に至近距離で話も出来ない。…これでは日常生活にも支障が出てしまいます。

そこで、「臭い玉」に効果があると思われる方法をいくつか調べてみましたので挙げてみたいと思います。

 

1)うがいをする

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

臭い玉を出来るだけ除去することで、臭いの元や、ふとした拍子にポロっと人前で臭い玉が出てくることを予防できるでしょう。

 

2)歯磨きの徹底

e0d773d31fa42bf25c754557ab974272_s

食べたらその都度 歯を磨き、食べカスを残さないことが大きな予防法になります。

 

3)舌苔を除去する

857ba8fe51cb5acd10839e72a89b2674_s

歯磨きをしたとしても、舌までは磨かない方も多いと思います。

しかし、舌に貼り付いている舌苔は口臭の大きな原因となるので、除去することは大切でしょう。

 

4)乾燥を防ぐ

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

口内が乾くと悪玉菌が増え、臭い玉が出来やすい上に口臭が増すそうです。

こまめに水分を摂ったり、飴をなめるなど、乾燥しないような対策をとると良いようです。

 

5)耳鼻咽喉科で臭い玉を除去してもらう

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

自分で除去しようとすると、ノドを傷つけたり臭い玉が溜まる穴が広がって悪化する恐れがあるようです。

除去するならば、プロである医師に任せましょう。